H30、4月誕生♡次男の出産レポ①

2年前の次男の出産レポートが大好評ということを

 

知り、過去のブログを引っ張ってきました♪

 

少し長いのですが、

 

暇つぶしや、ご参考になれば嬉しいです♪

 

 

 

おはようございます。

 

花もんの佐藤です!!

 

次男くんの抱っこ抱っこが日に日に増し、

 

私の体半分がやばいことになってます・・・

 

きっとすっごく!凝ってるであろう肩!!!!

 

わかっているから触る気もしない。急に猫背と首痛・・・・

 

ひどい姿勢・・・

 

鏡を見て苦笑いです。

 

もう~忘れてしまった長男の時の育児。わかっていたものの、お産後が一番体が痛いかも!!

 

毎日、インターバルをやっている感覚(笑)

 

そりゃ母は、強くなるっさ!

 

そんな日々を送っています。

 

さて、今日は

 

出産レポ①書きたいと思います。

 

産休からあ~っという間に正産期を迎え、じわじわ生理痛のような痛みが数日前からあり、

 

予定日まであと4日の朝方、今までにない腰が重くなるような痛みが数分おきにあるのが

 

わかり起床。

 

もしや!と思い、陣痛アプリをポチ。

 

10分間隔???あれ?5分!

 

間隔が定まらないけど、これは陣痛だとわかったんです。

 

1人目のお産は遠い過去になってしまいましたが、

 

こんな弱い痛みではないと確信してたので、

 

痛みが強くなる前に、

 

パパと息子の朝ごはんを作らないとと思いキッチンでおにぎり握る←余裕だわ

 

少し痛みが気になり、産院へ電話。

 

経産婦ということで、念のため病院へ来るように指示。

 

息子の準備や家のこともあるので、1時間後に着くよう伝える。←余裕(笑)

 

息子たちがご飯を食べている間、できる範囲の掃除をし

 

もしものために、母への置手紙を書く。今日出産となると、明日も息子は普通に学校のため

 

朝の支度や準備はすべて実家の母にお願いしないといけない。不安だ不安(@_@;)

 

ちなみに、今日から母が宇都宮に来る予定でいたんです!!なので、

 

家の中のこと全く把握せず・・・・。←大丈夫か・・おい

 

母が来るまでは、私も産めないなとず~っと思っていて、

 

長男のことパパのこと、家のこと心配だらけ。

 

でも、母が来る今日に陣痛がね(笑)

 

偉いぞ~次男よ(*^_^*)GOODタイミングというか・・・

 

母とは病院で待ち合わせにしました。

 

息子を送り、なぜかパパはいったん職場にいった・・・・・(@_@;)

 

おいおい。

 

 

 

私は息子を送り、タクシーで病院へ!

 

(病院は済生会病院バースセンターにてお世話になりました。)

 

*バースセンターとは

バースセンターは正常な方を対象に自然分娩を行う院内助産の施設です。 妊娠期・分娩期・産褥期の妊婦さんに助産師のみで関わり、対象の想いを尊重した助産ケアを行っています。

 

陣痛が少し強くなってきたなと感じる中、タクシーのおじさんとの

 

世間話。雨のせいで道が混んでるいるせいか、

 

病院まですごく時間がかかったような気がします!

 

一応、おじさん急いでくれたけどね・・

 

母はもうすでに待っていました。

 

残念ながら、この日はお産マジかな妊婦さんが立て続けに来ていて、

 

バースセンターは満床。産科に通されました。(事前に電話できいていた)

 

すぐ診察。

 

子宮口3センチ。

 

赤ちゃんの頭は触れるほど。だいぶ下がっているみたい。

 

そのまま入院決定になりました。

 

いったん帰れるかなと期待していましたが、家の中やってきてよかった~

 

そのまま私は、陣痛室へ通されて、

 

母とまだ話ができるほどの痛み。時折、いたたたた!って感じで。

 

パパにも連絡して、すぐにむかってもらうように伝える。まあ~まだ大丈夫だろうと

 

余裕な私。

 

赤ちゃんの心音を確認しながら、徐々に強まる痛み。バクバクと赤ちゃんの元気な

 

心臓の鼓動がとても力強い。

 

間に、担当の助産師さんが来てくれてバースプランのことを話したり、

 

陣痛が進むよう、四つん這いになるよう言われる。そこまでは、いい感じにじわじわ

 

腰が重い程度の痛み。その時の助産師さんの対応もとってもよくて、

 

不安な妊婦さんには神様に思えたろう←私はそこまで不安でもなかった!

 

けど、心強かった!

 

一応私は、バースセンターの妊婦さんということで、医師が入らずすべて助産師さんが

 

対応するようになっていたと思います。

 

時間差で先に来ていた私の隣の妊婦さんも、陣痛室でずっと頑張っていて、

 

耐えてる声が

 

徐々に強まりだし、

 

わたしの母が「もう少しだわ~そろそろよ~」なんて、

 

人のお産をどこか気にしている、うちの母←すみません(@_@;)

 

なぜか私はその声に促進されたみたいで

 

今までにない強い痛みがおそう・・・

 

きたぁ~~~~~!!!!!!

 

 

 

 

 

声をかけられてもあまり反応ができない痛み。力みたい・・・

 

その痛みに耐えられなく四つん這いの姿勢が出来なくなり横になるも、辛い。

 

そして、「プチ!!」とおしりのほうで、弾ける音が聞こえて、温かい水がでているのが

 

わかったんです。これ破水だよね!

 

母に助産師さんを呼んでもらい、

 

「早いね!さっき子宮口3センチだったのに!」と声がきこえるも

 

声がでないほどに。

 

だって陣痛室に入ってまだ、1時間半しかたっていなかったというスピード!!

 

力みたい

 

力みたい

 

そろそろ分娩室へ移ります!!

 

いよいよお産になるか!!

 

続きは出産レポ②で(*^_^*)