産後骨盤矯正の必要性(2)

産後骨盤矯正の必要性(1)

 

読んでいただきまして、ありがとうございます。

 

【骨盤】の話をすると何枚でもブログがかけてしまう佐藤さんです(笑)

 

ブログネタがなかったら、骨盤矯正の話でもしますね!!

 

矯正の話がでたら、ブログネタが無いんだと思ってください(笑)

 

妊娠がスタートしてから、ママの体はお産に向けて準備をします。

 

それは、お子様を育てるための環境を整えるえていること。

 

ママの体は激的に変化していきます。

 

よく、ご懐妊がわかってから悪阻やむくみ、全身倦怠感など起こるのは、

 

今その時に、お子様を育てる準備をしているんです。

 

悪阻が酷い方は大変ですが、何とか乗り切りたいところです。

 

また、全身の筋肉と関節も緩みます。

 

特に、骨盤周辺の筋肉は、子供が大きくなるために柔軟に広く広がって

 

いかないといけません。

 

なので、「腹筋」は、全く使用不可状態になります。

 

それがのちに、産後のぽっこりお腹に繋がります( ;∀;)

産後の骨盤矯正が必要なのは、

 

妊娠中の10か月間、筋肉も関節も緩んでしまったおかげで、

 

体の中心にある骨盤が歪みます。

 

お産後の骨盤は、自身の力で元の場所に戻る力はありますが、

 

個人差によってスピードは全く違いますので、

 

アプローチ(骨盤矯正)が重要になってきます。

花もんの【産後骨盤矯正】

 

■自然分娩でしたら産後4週目からご案内可能◎帝王切開、

 

2、3カ月後のご案内◎

■産後6カ月以内まではホルモンの関係で、骨

 

盤がよく動くため産後の

体へのダメージが少なく元の場所へ整えることができます。

 

■骨盤矯正をすることで、

《全身の倦怠感/むくみ/骨盤の安定/姿勢/ポッコリお腹
/腰回りのたるみ/尿もれ/下半身の張り/冷え》

などの改善が求められます。

●社会復帰を目指す方●妊娠中太ってしまった方

 

●産前の体型に戻したい方●産後体力がない方

 

●子育て中でも、自分を磨き輝きたい方●など。

 

お母さんは、中々自分のために、

 

時間がつくれない時期かもしれません。

 

お子さんを必死に育ててます。

 

産後4,5日病院で過ごしてから、

 

すぐに家事と子育てと両立する方も多いのですが、

 

まずは、ゆっくり休んでください。

 

その一言に限ります。

それから、ケアしていきましょ!

最後まで、ありがとうございました!
いつも長くてすみません。

 

花もんセラピスト